しっかり眠るための対策5選

朝起きたばかりなのに、なんだか体が疲れている。たくさん寝たはずなのに眠くてしょうがない。そんな悩みをえているアナタ!睡眠の質を見直してみるといいかもしれませんよ。 「日光をしっかり浴びる」 朝の光を浴びると夜に眠くなるように人間の体はできています。夜に「メラトニン」がたくさん作られ、入眠しやすくなります。新陳代謝がよくなったり、疲労回復に役立つホルモンです。 「カフェインを控える」 カフェインには目を覚ます作用があるので、カフェイン入りの飲み物の飲みすぎは要注意です。デカフェ(カフェイン抜き)のコーヒーや紅茶も売っているので試してみるのもよいでしょう。 デカフェは物足りない方は、カフェイン入りのコーヒーなどでもよいと思いますが、午後3時以降は控えるべきでしょう。お昼ご飯の後は眠気も覚ましますし、夜の睡眠にも影響が出にくいのでおススメです。 「寝る前の食事は3時間前までに済ませる」 仕事の都合で食事の時間をコントロールするのは難しいかもしれません。就寝中は胃の中に消化していない食べものがたくさん入っていると消化に力を使ってしまい、疲労回復などがあまりできなくなってしまいます。夕食はあまり食べ過ぎず、消化のよいもので就寝3時間前には済ませましょう。 「入浴は2時間ほど前に」 お湯の温度は40度ほどで、就寝の2時間まえまでには済ませましょう。ぬるめのお湯に浸かるととてもリラックスでき、副交感神経が優位になるので質のよい睡眠が期待できます。副交感神経が優位になると入眠しやすくなります。シャワーだけではなく、湯舟にもしっかり浸かりたいですね。 「就寝1時間前にはスマホは触らない」 就寝前にスマホをいじってしまい、気づいたらこんな時間に!という経験が誰でもあると思います。 スマホのブルーライトは眠りを促す「メラトニン」という物質を減らしてしまいます。スマホを手の届かないところに置くと触れないのでおススメです。 これらのことを実践すると、眠りの質を高められると思いますので、ぜひ実践してみてくださいね。

[2021年3月]雲のやすらぎを格安で購入できる!?

身体を休めるために心がけるべき5つのこと

身体を休めるためには睡眠は欠かせないです。というのも十分な睡眠をとることで得られる恩恵は数多いのですが、睡眠不足による悪影響もまた計り知れないです。そうはいってもどうすれば良い睡眠を取れるのかわからないということも多いですよね。
そこでこの記事では、良質の睡眠をとるために日頃から取り入れるべき方法を5つご紹介します。
まず1つ目は「いつも同じ時間に寝て、同じ時間に起きる」ということです。生活のリズムを整えるという意味もありますが、それと同時に規則正しい生活をすることで身体の不調が起こった際に、自分で分析することが容易になるという側面があります。
2つ目は「午後以降のカフェインを控える」ということです。カフェインは体内から完全に抜けるまでおよそ10時間かかるため、午後以降に飲むと寝る前にまだ身体の中にカフェインが残っている状態となります。そうすると、寝付きが悪くなり、次の日の寝起きも悪くなってしまいます。さらに、カフェインには中毒性があるので、飲む回数も朝の1杯に抑えるのが良いでしょう。
3つ目は「日中に太陽光を浴びる」ということです。在宅ワークをしている方だと、太陽を一日中浴びないなんてこともあるかもしれないです。太陽光をあびることで体内時計を整え、リフレッシュすることもできるので、休み時間などに太陽を浴びることをおすすめします。
4つ目は「飲食を寝る直前にしない」ということです。理想は眠る3時間前だが、最低でも1時間前には食事を終えましょう。睡眠の直前に飲食をすると、消化不良を起こす可能性や、夜中にトイレで目が覚めてしまうことで熟睡ができないという弊害があります。
5つ目は「寝る前のお風呂」です。湯船に浸かることで、身体の深部体温は一気に上昇します。そこから、お風呂上がりに急激に温度が下がることで、眠気がやってきます。お風呂にはリラックス効果もあるので、ぜひ入るようにしましょう。以上、良質な睡眠をする方法を5つご紹介しました。一流のアスリートが長時間の睡眠をとり、昼寝を取り入れていることからも、人のパフォーマンス向上に睡眠は欠かせないです。今日からぜひ、生活の中に取り入れていきましょう。

↓睡眠の質を高めるグッズについての記事もご参考下さい。

雲のやすらぎプレミアムをお試しするべき!?