子煩悩な旦那に甘えてサボりまくりの育児ライフ

幼稚園年少の息子を持つ私は高齢出産だった事もあり、日々体力が限界でいかに楽するかを考える育児です。

休日に家族3人で出かけると息子に振り回され、結局主人も私も疲れ果てて効率が悪いので、休日は私が在宅で家事、主人が息子と散歩に出る事にしました。

主人は否応なしに朝から散歩で引っ張りまわされるのですが、私は家事という任務がありながらつい横になってスマホという最悪主婦です。本当に申し訳ないと思うのですが、日頃の疲れと解き放たれ感に負けてしまいます。そう感じるだけならいいのですが、ダメだダメだと思いながら、そのまま起きられなくなって家事が進まないのです。

そうこうしているうちに主人から「(息子が)ワガママでこっちが泣きそう」とラインが入ると、益々申し訳ない気持ちになります。

それでも動けなくて、「もうすぐ帰るね」という主人の嬉しそうなメッセージを見ると、やっと動き出します。

慌てて家事を進めますが、1日時間をもらったとは思えない量しか家事は進みません。

主人の帰宅後に、サボりまくりだった旨は正直に言っています。主人は「いいよ、日頃の疲れがたまっているんだから。

出産後休みなく家事育児してきたもんね」と言ってくれますが、休みはしっかりもらっているのです。なので正確には「休みなく」ではないのです。

主人に怒られないし、嫌な顔もされないから余計にサボってしまいます。どうにかしてこのサボり癖から脱出したいのですが、自分との闘いです。

自分の甘えに勝たないとサボり癖が治らないのは分かっていますが、本当に自分に甘くて困っています。

ここで怒ったり嫌味を言う様な旦那ではイヤだけど、そういう旦那でないと私のサボり癖は治らないのかもしれません。

一気に治すのは難しいので、横になってスマホタイムのあとは少しずつ起き上がる時間を早めたいと思っています。疲れがあるのは事実なので横になるのはいいとして、理想は無駄なスマホタイムをなくす事です。

主人に感謝しながら、最低限の家事は進められる様にしたいと思います。

サボり癖改善3ステップマニュアル 料金

結婚相談所も良いところ

大学生活が終わり、人生設計を立てていた最中。将来私は何をしたいのか?と色々考えていました。そして一つの考えが浮かびました。暖かい家庭を築きたい。その当時私は彼氏もいず、周りに良質な出会いというものがありませんでした。

どうしたら素敵な男性と出会えるか、と考えた時、まず思い浮かんだのが出会い目的のアプリでした。しかし、出会いのアプリは遊び目的の男性も多そうで、真面目な出会いを求めて行き着いたのが結婚相談所でした。

結婚相談所では源泉徴収、独身証明提出必須で、本気で結婚を視野に入れて活動している方ばかりでした。

そして、まだ年齢も20代半ばでしたので、どちらかと言うと選べる立場にあると言う有利な状況でした。

そして結婚相談所に入会したのでした。

結婚相談所に入ってみて思ったのが、考えていたよりも普通の方や条件の良い方が多いという驚きと、活動のしやすさがあるなぁということでした。携帯でちょちょいとお相手を探すことができたり、担当してくれる方が親身になってくれたことでした。

そして、100人くらいのお申し込みがあった方(本当に当時の年齢、20代半ば、で入っておいてよかったと思っています…!恵まれた環境でした。)の中から、7人の優しい方、趣味の合う方など気になった男性を選び掲示板のような所でオンラインでやりとりをしました。そして会ってみました。

会ってみて、オンラインの文面だけでのやり取りでは優しそうだったのに、上から目線だったり、全く話しが合わなかったりすることもありました。しかし、初めて会ったのにもかかわらず、カフェで6時間会話が盛り上がったりする方もいました。また、写真よりイケメンだったりしていい意味でびっくりした出会いもありました。

男性と会う時に気をつけていたのが、笑顔を絶やさず相手を否定しないこと、服装を清潔感のあるものにすること、メイクは薄く見える感じにする、ということでした。

やりとりを続けて、お相手を本当に気が合う方2人に絞りました。そして親、周りの友達、近しい親戚にその2人のことを話し、客観的に状況を把握して教えてもらったりして、俯瞰的に見るとどんな感じか、というのを確認しました。

そして、いまの夫を選び、付き合い、1年後に結婚したのでした。

サブスク婚活 料金