りんごのおすすめポイント

【今すぐ食べたくなる!】意外と知られていないリンゴの効能
ずっと青森に住んでいますが、青森と言えばやっぱりリンゴです。
社会人となった今でも、親戚の家に行き、リンゴもぎを手伝いに行きます。
あれってずっと腕を上げっぱなしにしているので、相当腕の筋肉使うんですよね・・・

そんなリンゴは、昔から「1日1個のリンゴは医者を遠ざける」と言われているほど、健康や美容に良い果物なんです。
リンゴ農家の端くれである僕が簡単に紹介していきますね。

①便秘解消、ダイエットに◎
リンゴは食物繊維が多いため、腸内の環境を整えてくれます。腸内環境の改善は便秘解消につながり、痩せやすい体の土台を作ります。
食事やおやつをリンゴに置き換えると、効率よくダイエットが進むと思います。

②美肌になってたるみも改善!
リンゴにはカリウムやビタミンなどの栄養素も豊富に含まれています。中でもビタミンCは抗酸化作用、美肌効果など美容にうれしい効果がたくさん。
カリウムは体内の水分バランスを調整してくれるため、むくみが気になる人におススメです。立ち仕事で足が張って大変な人は、リンゴを食べてみると良いかもしれません。

③万能成分「リンゴポリフェノール」
リンゴポリフェノールは、脂肪の吸収を抑える効果・血流改善・活性化効果(老化・がん予防)と生活習慣病予防に最適な成分です。
特に、脳卒中の原因となる動脈硬化の予防に効果が期待できるとされ、「リンゴは医者を遠ざける」と言われている由縁でしょう。
ちなみに、リンゴを温めて食べると、このリンゴポリフェノールの作用が7-8倍高まるとの実験結果もあり、焼きリンゴにして食べるのもいいかもしれません。

④有機酸:疲労回復効果
リンゴの酸っぱい感じは、この有機酸(リンゴ酸・クエン酸)からきています。これらは体にたまった乳酸を減らして、疲れを取り除いてくれます。
リンゴをすりおろすと、リンゴ酸・クエン酸の酵素が活性化する性質があるため、すりおろしてジャム状にて、パンと一緒に食べるのがおススメです。

 

青森りんご 通販