実家の遺品整理や 片付け前に大事な物は選り分けておかないと後で困る

実家の片付け
いきなり始めてはいませんか?
そんなことことすると後で大叔父な物がどこにあるかわからなくなって大変ですよ。
例えば
・預金通帳
・貴金属
・有価証券関係書類
・宝石
・印鑑
・家の権利証
などなsど大事な物はたくさんあります。
大事な物や高価な物は実家の片付け前に選り分けておきましょう。

できれば親が生前中にそんな大事な物をどこに置いてあるのか?
それだけでも聞いておくと後で大助かりです。
意外と親は大事な物を隠す天才です。
昔は鍵もちゃちな物でしたから、大事な物は泥棒に見つからないように隠すのが当たり前だったんです。

思いもよらないところから思いもよらぬものが出てくる・・・
これは実家の片付けのあるあるです。

しかし、これも親が認知症になってしまっていたり、親が子供を信用していなかったりと簡単なことではありませんけどね。

ただ高齢者は寝室に大事な物を負いう手置く景子王があります。
経験的に
女性は自分の目線より下に
男性は自分の目線より上に
物を隠しておく傾向があることも知っておくと何かの役に立つかもしれません。

気を付けたいのは大事な物を入れたる箱です。
クッキーのビス池ッとの入っていた空き缶
あるいは海苔の空き缶
そんな一見 何でもないあ箱に大事な物が入っていることもあるので気を付けてください。

また
冷蔵庫の中
流しの下
天井裏
などにも大事な物を隠している場合があります。

気づかずに捨ててしまっては一大事です。
※とはいえ、存在がわからないですから損市や気分はないかもしれません。

親父やおふくろ
もう少しお金があったような気がするが・・・

そんな疑問を感じたら、実家の片付け前に家探しを観光しなければいけないかもしれません。

特に足腰の弱った高齢者は銀行にもなかなか行けないので、まとまったお金をお引き出しておいて家にお金を置いている場合もあります。
またご商売をされていたのなら、税務署に見つからないように裏金・隠し金があること盛ることも考えん化ければなりません。
遺品整理 いつから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です