休日でも起きる時間と寝る時間だけでも決めておく!

Ð日は仕事が原則的に休みなので仕事の時間はありません。
食事や睡眠など生活のための時間を覗けば、1日を日頃の激務から身体を休めるための時間威使えます。
しかし、意外と土日dふぇもそういう時間は作れm線。
なぜなら土日の週末はその生活パターンが確立されていないからです、

例えばq習慣の疲れから
朝起きるのは10時過ぎ
それからツイツイダラダラ。グダグダして気が付けばもう昼過ぎ
それからフラッと買い物や映画に出かけたり
あるいは溜めていたテレビの録画を一気に観たり
週末ごとに不規則です。

どこに買い物に行くとか決めてもいないし
何を買うかも決めてはいない
なにの映画を観るか決めてもいない
要するに空自通夜土曜日曜日はただの時間つぶしのために時間を使っている人が多いです。
時には会社の接待ゴルフや冠婚葬祭もあるでしょう。

週末の過ごし方でライバルとの差がつくこともありあmす。
なんとなくだらだらと週末を過ごしていると
結局何もせずに寝ることになります。
でも、昼間にウトウトしていたのでは、なかなか寝付けません。
気が付けば時計の針は日付をとっくに回っていmさう。
そんな状態では月曜日からスタートダッシュでバリバリ働けません。

せめて、週末の起きる時間と寝る時間だけでも決めておきましょう。
例えば寝る時間は夜の11までに寝る
起きる時間は午前7時か8時までには起きる。
それだけでもかんり週末の過ごし方は変わってきます。
後は起きている15時間をどうすごすか?を考えればいいのです。

球の休日くらいゆっくりとしていたい
そんな気持ちは十分理解できます。
でも、たとえ休日でも起きる時間と寝る時間だけでも決めてそれを実行することです。
医学的にも寝だめなんてできないことは立証されています。
平日の睡眠不足を土日の週末や休日にたくさん寝ることで取り返すことはできないのです。
逆にたくさん寝ることの弊害の方が大きいことに気づきましょう。
睡眠は時間よりも質です。
サインの達人 署名ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です