冷凍弁当はまずい?

最近、冷凍弁当が人気となっています。

2020年から新型コロナウイルスが流行し、家の中にいる時間が多くなったり、外出が簡単にできなくなったりという影響からかさらに需要を伸ばしています。

冷凍弁当や宅配弁当といえば一昔前は一人暮らしをしている高齢者のためのものというようなイメージでした。

しかし最近では、忙しい若者、特に20代~40代の働き盛りの世代へ健康的で手軽に食べれるものといったことで注目を集めています。

実際にナッシュ(nosh)という宅配弁当は20代~40代の消費者の絶大な指示を集め、TwitterやInstagram、YouTubeといったSNSでも話題となっています。

2021年現在でもFIT FOOD HOMEや三ツ星ファームといった新商品が続々と発売されています。

そんな冷凍弁当は若者向けということもあり、かなり味も美味しいものとなっています。

ワタミの宅食などの高齢者向けのものは腎臓病や糖尿病といった方向けのものが多かったりすることで和食中心で味も淡白なものが多いです。

しかし、最近の冷凍弁当では和洋中全てラインナップされており、メニューも唐揚げや酢豚、サーモンフライなどバリエーション豊かで見た目もSNSで映えるようになっています。

味自体もかなり美味しいものが多く各社工夫されています。

冷凍ということだけあって商品によっては水っぽかったり、食感が少し変だったりする場合もありますが、ほとんどの商品が普通に美味しいというレベルに仕上がっていて、毎日食べる分には十分となっています。

実際にYouTuberのヒカルさんが、この冷凍弁当を盛り付けだけおしゃれにして宮迫博之さんに内緒にして提供した動画を公開されていますが、宮迫博之さんは全く気づいていません。

それだけ味は美味しく知らないと冷凍弁当とはわからないクオリティということですね。

三ツ星ファームという2021年の6月に出た商品もとても味はおいしく不味いということはありませんでした。

三ツ星ファーム まずい

そのため、最近の冷凍弁当の味に対してのレベルはとても高く、不味いというような心配いりませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です