買い物はママ友や家族といってはいけません

あなたは毎日ス^パーのチラシとにらめっこをして1円でも安いお店を探していますよね。
そんな涙ぐましい努力をしている倹約化のあなたにアドバイスしたいのは
「買い物はママ友や家族と行かずに一人で行きなさい」
ということなんです。
お買い物は主婦にとって真剣勝負の場です。
お洋服を仲の良いママ友と買いに行って
「いいじゃない!それ 似合うわよ」
そんな思ってもいない言葉をかけられたら、自分では「イマイチかな?」と感じていても買っちゃいます。
自分ひとりなら何着でも試着するのにママ友と行くとそれをするのも気がひけてしまいます。

自分人いrで買い物をするのが、一番有意義なお金の使い方になることが多いのです。
ママ友や家族で買い物に行くと絶対に相手のペースにイラっとすることがあるはずです。
自分ひとりなら
「今日は買わない。ウィンドーショッピングだけにする」
ということもできますが買い物に不空巣人で行くとそうはいきません。
自分ひとりなら鵜¥行動範囲もぐっと広がりたくさんおお店を見て回り、自分の納得いったものを飼うことが出来ます。
自分ひとりで買い物をすると、同行する人へのコミュニケーションや気遣いなど不要ですから真剣に買い物ができます。
高価な物(洋服やアクセサリーなど)を買う時は、何件も回って値段を調べ
何回も試着し
そして、頭を冷やす意味で喫茶店でお茶をに見
そして最終決断をして買いに行く。
それが一番おといkぅな買い物になります。

もちろんママ友や彼氏や家族と行く買い物は他の市うものですが、それはイベントとしての買い物です。
真剣勝負の買い物
特に自分にとって高価な買い物をする時はひとりで出かけるのが一番です。

意外と日本人よりも外国の方のほうがひとりで買い物をしている習慣があるように感じます。
連れだって買い物に行くのは日本人の特有のものかもしれません。
今は自分の好きな物だけに囲まれて生活すrのが素敵とされている時代でsづ。
要らない物は買わない
そのためにもい買い物はひとりで行きましょう。
実務者研修 どこがいい 働きながら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です