離婚すると戸籍はどうなる?

「離婚する」ということは婚姻関係が解消され
相手
相手の両
相手の兄弟姉妹
との親戚関係も終了します。

夫婦がそれぞれ独身となって全くの他人の関係になります。

婚姻関係を解消するにあたって
・戸籍
・財産
・子供がいれば親権
・養育費
などの問題が生じます。
これらの問題は離婚時にしっかりと話し合って決めておきましょう。
とかく離婚したいと焦るあまりにそのあたりを曖昧にして離婚する夫婦が後を絶ちません。
離婚する時には双方が話し合いもするのですが、離婚後は関係が途絶えて話し合うこともむずあk市くなってしまいうがちです。
しかしこれらのことは離婚後の人生に大きな影響を与えるとても大事なことばかりです。
お金や財産、子供の親権を話しあって白黒つけるのは大変なことですが避けては通れない道です。
離婚を考えた時からそのことについて調べたりしかkりと考えておきましょう。

さて、離婚により他人の関係となった元夫婦の子s系はどうなるのでしょうか?

まずは結婚の時に戸籍がどうだったか?を知っておく必要があります。
戸籍とは夫婦および同じ姓を名乗る子供ごとに編成されるものです。
婚姻届けを出した時点で。男女が新しい戸籍が作られることになります。

しかし、これが離婚により2つに分かれます。
結局、結婚によって女性が男性の戸籍に入ることとなり、
離婚するとその戸籍から抜ける除籍という扱いになります。
男性が女性の席に入った場合でも同じです。

離婚後は
結婚前の戸籍に戻るか?
新たに戸籍を作るか?
という選択をします。

離婚のことが戸籍に記載されます。
例えば妻が結婚前の戸籍に戻る場合
「●年◎月◎日 夫▽△と協議離婚につき除籍」
と書かれます。
新しい戸籍を作る場合には
「(●年◎月◎日 夫▽△と協議離婚につき届出(◎◎県◎◎市)に新戸籍編成につき除籍」
と記載されます。

除籍した側には戸籍に×印がつけられます。
これがいわゆる離婚経験者をバツ1、バツ2とか呼ぶ所以です。

離婚届 ダウンロード スマホ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です